「HUDORA Tour」

 

海外に出張のあった友人が買ってきたキックスクーター。
日本では販売していないみたいです。

なんと変形してリュックの中に入ってしまうというモバイル性の高いキックスクーター。
専用リュックが付属品にあるのが素敵です。

思ったほど使い勝手が良くないということで譲り受けた逸品です。

実売 不明

 


SPEC

・ウィール

前輪サイズ:125mm
後輪サイズ:100mm
種別:ウレタン
ベアリング:ABEC5

評価:前輪が125mmで後輪が100mmなので最近では若干小さめなウィールサイズ。

 

・本体サイズ

全長:66cm

重量:3.2kg

耐過重:100kg

評価:小型機種と同等のサイズと重量。

 

・ハンドル

高さ:97cm、92cm、87.5cm、83cm、78.5cm、74cm(6段階)

幅:41cm

グリップ形状:円柱

グリップ素材:硬質ゴム製

評価:振動はもろに伝わるので長距離は無理。振動で手が痛いです

 

・デッキ

サイズ(幅×長さ):幅110mm × 長さ390mm

高さ:70mm

評価:デッキは小型タイプにしては広い部類。滑り止めも滑り止めシートシールではなくラバー素材を使った振動軽減にも効果がありそうなちょっと良いタイプ。

 

・ブレーキ

フットブレーキ

評価:ちょっと弱い利き具合だが元々スピードを出す機種ではないので十分な性能

 

・その他装備

スタンドなどありません。

 

 

・折り畳み機能

サイズ:37cm×24cm

重量:3.7kg

評価:折り畳み付属のリュックにすっぽりと入る、特殊なキックスクーター

 

 

変形方法

収納状態

 

 

 

1.ハンドルバーを広げる

 

 

 

 

2.ハンドル黒い部分を広げる

 

 

 

 

3.そのままこの形へ

 

 

 

 

4.ハンドルバーにあるスライド部品を動かしてハンドルバーを固定する

 

 

 

5.レバーを立てる

 

 

 

 

6.左右のレバーを図のように押すとハンドルが伸びてハンドルポスト部分がロックされます

 

 

 

7.横に向けます

 

 

 

 

8.デッキのロックを図のようにはずしながら

 

 

 

 

9.畳んであったデッキを伸ばせば完成です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用感

<< 総評 >>

折り畳み機能がある為にハンドルポスト部分が滑走時にかなりガタつきます。
ちょっとの移動であれば大丈夫ですがあまり移動するのは得意ではないです。
リュックに入るという特殊性は非常によく、これならば飛行機の手荷物でも持っていけるのでは?
それだけに滑走性能の低さがとても残念です。
これだけ複雑な変形では耐久性にも不安があります。

 

 

・乗り心地

綺麗なアスファルト:ウィールサイズが125mmなので移動はできる感じ
普通のアスファルト:ハンドル部分が前後左右にガタつくためにスピードはあまり出せない感じ
粗いアスファルト:無理
砂利道や土道などの悪路:無理です
雨路面:ブレーキが利かず危険。横滑りもする。

 

・見た目

他のキックスクーターとは一線を画すデザインです。
好みにも寄りますが私は結構好きです

 

・音

ガチャガチャ音がします。
ここまで複雑な構造なので仕方ないですね

 

・スピード

ハンドルポスト部分のガタツキが酷いのでスピードは出せないし、出したら危ないです

 

・安全性

(安全装備の実際の使い心地)

ここまでガタつくといつ壊れるか不安を覚えるでベルです。
無理せず歩くよりは楽だよレベルが良いと思います。

 

・使いやすさ

持ち運び易さは断トツ。

 

 

・メンテナンス

消耗品はウィール、ベアリングです。
ウィールの別売りは2018年9月現在見つかっていません。
ベアリングは608という汎用品です。
インラインスケート用やスケートボード用を使用するのが良いでしょう。

 

 

 

2019年09月15日